《 秘密カメラ&超小型カメラW 》
カメラ名 ドリュー2-16ピストレット 製造国名 日本・ドリューカメラ
製造年月 1954年 フィルムサイズ 10x10mm 16mm判
シャッター 1/25〜1/100 レンズ 固定F4.5




1954年(昭和29年)、日本のドリューカメラによって日本の警察向けに製造されました。 ピストルのようなのは外観だけではなく、グリップ部にはフラッシュ用のマグネシウム閃光弾が6発入るという細部にまでこだわった作りです。
カメラ名 テレカ 製造国名 日本・東興写真
製造年月 1950年 フィルムサイズ 10x14mm 16mm判
シャッター 1/50〜1/100 レンズ テレシグマー90mm F4.5




双眼鏡の上に望遠レンズを専用16ミリカメラを乗せたもので35ミリ換算では200ミリくらいになる。
カメラ名 スチオルフォト 製造国名 フランス・ミニフォト
製造年月 1950年 フィルムサイズ 10x14mm 16mm判
シャッター 1/50 レンズ 27mm F6.3




ミニフェックスを設計した、フリードリッヒ・カフタンスキーの設計と言われるきわめてユニークな16ミリカメラである。携行性を考えてペン型にしたとは心ニクイほどのアイデアである。 1955年にフランスのパリのSECAMによって製造されました。1960年にカラーフィルムが導入されたとき、パリのMiniphotoによって配布されました。ペンのように形作られていますが、ジャケットの上部ポケットにはペンクリップが付いていますが、筆記用のペンではありません。これに似たカメラがに日本のセプトンペンである。
カメラ名 メック16 製造国名 ドイツ・Feinwerke Technik Gmbh
製造年月 1948年 フィルムサイズ 14×16mm 16mm判
シャッター フォーカルプレーンで B、1/30〜1/1000 レンズ Color-Ennit F2.8 20mm






 焦点調節は目測式で1フィートから無限遠までクリックストップ式で小型カメラにしてはセットはしやすい方だ。ボディ(チェーン)を左に引くとファインダーが現れるのはミノックスやミノルタ16と同じ方式であるが、ファインダーを出し入れしてもフィルムが送られることはない。フィルム送りはボディ右にあるレバーで行い、同時にシャッターがコッキングされる。ファインダーは倍率の高い逆ガリレイ式であるが見えは悪くない。スライド式フィルタが内蔵されている。フィルムは専用のダブルマガジン式でパーフォレーションのあるフィルムが必要。
カメラ名 ダーリン16 製造国名 日本・新潮精機
製造年月 1957年 フィルムサイズ 10x12mm 16mm判
シャッター B&I レンズ 35mm F8


 ダーリン-16は、小型のムービーカメラのように、垂直な形をしています。カメラ全体が黒く仕上げられています。本体はプラスチックで作られています。上部には大型管状のファインダーが内蔵されており、三脚ネジの下側には四角い靴があり、カメラをテーブルに直立させることができます。
カメラ名 セプトンペン 製造国名 日本・コンカバ
製造年月 1950年 フィルムサイズ 14x14mm 16mm判
シャッター B&T レンズ 20mmF2.8




1953〜1959年にかけ岡本光機が製造、シャーペンとしても使用可能なのが日本的。 先端には、機能的な推進ペンシルが含まれています。 もう一方の端には目の高さのファインダーがあり、片面にペンクリップがついています。 カメラの部分がデバイスの中央にあります。 露光サイズは14×14mmで、そのフィルムは、ペーパーバックの16mmフィルムと記述されます。 ヒット型カメラで使用されている17.5mmフィルムと実際は同じです。 バックドアは取り外し可能で、フィルムの位置を制御するための窓があり、前進ノブ自体は、ペンクリップの反対側に配置されています。カメラの前部は金属仕上げで、中央に固定焦点レンズが付いています。 正確な詳細は、カメラのバージョンによって異なります。
カメラ名 KGBマイクロパノラマスパイカメラ 製造国名 ロシア・コンカバ
製造年月 1970年 フィルムサイズ 8x11mm 135判
シャッター S&T レンズ テッシノン25mmF2.8



 カメラは、最小のサイズにもかかわらず、直径12mmのドラムに回転ガウスの対称レンズを備えた真のパノラマカメラ機構を備えています。 それは、標準ネオックスカセット(使用前に中間部分を取り除いた状態で2つの半分に分割しなければならない)を使用して、36xネガ(8x11mm)、視野角を水平に65°、または斜めに80°で使用する。 クロムめっきされたタブをスライドさせることでドラムのフィルム搬送とコッキング。固体軽合金製ボディ フレームカウンタ。ファインダーなし。ほとんどのデザインの詳細は、このカメラがマイクロスパイカメラと同じ微細精密工房から来ていることを示唆しています。 カメラの正確な目的は不明ですが、おそらく小さなアレンジ(カメラは工場出荷時に40cmの距離に設定されています)を幅広く表示するためのものです。回転ドラムを搭載したパノラマカメラであることを確かめてください。これらのカメラのうち3台だけが存在することが知られており、70年代初めに作られたソ連の秘密サービス技術の傑作です。
カメラ名 リコーテレカ240 製造国名 日本・リコーカメラ
製造年月 1950年 フィルムサイズ 18x26mm 135判
シャッター 1/25〜1/100 レンズ 固定F4.5




リコーオートハーフのボディを使用したカメラで製造はリコーでテレカ240(Ricoh Teleca 240 )といわれている。双眼鏡は屈折式で7×50である。
カメラ名 オリノックス・ビノキュラー 製造国名 日本・ゴトー・サン
製造年月 1975年 フィルムサイズ 13x17mm 110判
シャッター speed1=1/125sec speed 2 =1/250sec レンズ f=122mm 1:5.6




 双眼鏡本体は、倍率が7倍で対物レンズ径は20ミリ。野外使用の双眼鏡カメラです。 カメラ上面にあるシャッタースピードは簡単に1と2に区切られていますが、本体裏面に貼ってある露出ガイドには色々と絞り径が指示されています。シャッタースピードは晴れ〜曇りまで5段階に分けてあります。 近接距離は50cm〜です。