《 秘密カメラ&超小型カメラV 》
カメラ名 マイクロ16
製造国名 アメリカ・ホワイトネッカー
製造年月 1946-50年 フィルムサイズ 二重穿孔16mm
シャッター B・i レンズ 無色ダブレットf6.3レンズ、固定焦点F6.3




たばこのパッケージに収まるように設計されており、コダックXマッチボックスカメラの影響を受けています。 米国全土の警察署や探偵局に売却された。クロム、黒、青、緑、灰色があります。フィルムの巻取りは、カメラの側面にあるバーによって操作される二重の孔あきフィルムのために設定される。 端部が一杯になると、バーが飛び出します。カメラを逆さまにしてバーを押し込むと、カウンターとフレームが動いて、小さな重力補助ラッチがプランジャーを閉じた状態でロックします。 カウンターホイールに24回の露出がマークされています。
カメラ名 ビー・フレックス 製造国名 スイス・ルクルト社
製造年月 1948年 フィルムサイズ 11×11mm 200i枚135判
シャッター 1/10〜1/250 レンズ Meyer Gorlitz Trioplan f2.8 20mm




 非常に珍しいBiflex 35は、1948年(1950年)から1953年の間スイスのUrdorfにあるFeinmechanische Konstructions-WerkstatteのE. Schmidによって製造されました。35mmロールフィルムに11x11mmの露光を作り、200枚のスライドを作成します。 このフィルムを、Biflex製の可逆カセットから別の同様のカセットに供給した。 映画の終わりに、カセットを取り出し、裏返しにしました。 フィルムカウンターには1〜100のマークが付きます。
カメラ名 ラッキー・ストライク・カメラ 製造国名 アメリカ・Mast Development Corp
製造年月 1948年 フィルムサイズ 16 mm フィルム 18枚撮り
シャッター 4 速シャッター B、00、25 レンズ f/2.7 17.5 mm ゾナータイプ




 カメラは、ラッキー ストライクのたばこのパケットから実際の外側のラッパーに装着。 f/2.7 17.5 mm ゾナー型レンズで非常に高い標準にしました。フォーカル プレーン シャッターがレンズの前にマウントされ、シャッター スピードを提供 5、B = 50, 00。16 ミリ フィルムに 18 枚撮影できます。 ラッキーストライク型スパイカメラとオハイオセフティマッチ箱型露出計。
カメラ名 サクラペタル&エバラックス
製造国名 日本・聖ペテロ光学コンカバ
製造年月 1948-49年 フィルムサイズ 5mm 円形
シャッター ロータリー式で、シャッター速度はB・i、B・1/25秒 レンズ 12mmF5.6






このカメラは世界最小カメラとしてギネスブックにも掲載されたという直径約3センチの極小カメラです。1948年、聖ペテロ光学というメーカーから発売された『ペタル』という名前のカメラで、主にアメリカへの輸出向けに作られていたようです。 円型の専用マガジンには直径24ミリのシートフィルムが入っていて、6ミリ径の写真が6コマ、花びらのように一周ならんで写ります。フィルムの詰め替えは35ミリフィルムなどを10円玉を型にして切り取って使用します。 ボディの中心よりやや上あたりには12ミリF5.6の固定焦点のレンズがついています。ボディ上には小さな透視式ファインダー、その横にエバーセットのシャッター、このシャッターはボディ前面についているダイヤルによってBとI(1/50秒)の切換えができます。 ボディの回りにはコマ送りのリングが付いていて、1から6までの数字が刻まれています。リングを回すことにより本体の下半分と中に入れたマガジンが同時に回転し、次のコマに撮影ができます。
カメラ名 シャタイネックABC 製造国名 ドイツ・Steineck
製造年月 1948年 フィルムサイズ 11×11mm 200i枚135判
シャッター 1/10〜1/250 レンズ Meyer Gorlitz Trioplan f2.8 20mm




左手首につける腕時計型カメラ、手首に近い反射板でレフレックス式に写すを見ることができる。フィルムは135フィルムを丸く切り出す「。直径6ミリの円形画面が8枚、花びら状に写せるr。
カメラ名 ジェミーピストルカメラ 製造国名 日本・岡田光学
製造年月 1950年 フィルムサイズ 10x14mm 16mm判
シャッター 1/25〜1/100 レンズ 固定F4.5


ピストル型の超小型カメラ、アイボリー/レッドブラウン仕上げ、16mmフィルムで10×14mmの露出、シャッター(1 / 25-100秒)とカウンター、オリジナルとマミヤ16スプール、固定焦点f / 4.5レンズ
カメラ名 テッシナカメラ 製造国名 スイス・コンカバ
製造年月 1957年 フィルムサイズ 14x21mm f2.8 135判
シャッター ロータリー式で、シャッター速度はB、1/2から1/500秒 レンズ テッシノン25mmF2.8


1957年に発売以来、スタイネック博士がルガーノに経営した企業で、ロレックスの部品も作っていた[3]関連企業コンカヴァ[4][5]が製造し、1996年まで販売された[2]。 35mmフィルムを使用し14x21mm判。現行当時はアドックス(Adox )がマガジン入りのフィルムを販売していた。テッシナ用フィルムの生産が終了以降、この写真機を使用する場合には、中古や流通在庫の専用カートリッジを入手し135フィルムを充填する等の手法が試みられている。 400部の部品で構成され、スイスのConcavaによって作られたTessinaは、Rudolph Steineck博士によって設計され特許取得されました。
カメラ名 ピック 製造国名 スイス・コンカバ
製造年月 1957年 フィルムサイズ 14x21mm f2.8 127判
シャッター S&T レンズ テッシノン25mmF2.8



これは英国で作られた "PIC"カメラです。この小型(直径約8セiンチ)のカメラは、127ロールフィルムを採用した円形のデザインで、うまく機能します。これは非常にまれな珍しい円形のギリスのPIC製の非常に珍しい、かなりレアカメラです。
カメラ名 ジェミーピストルカメラ 製造国名 日本・岡田光学
製造年月 1950年 フィルムサイズ 10x14mm 16mm判
シャッター 1/25〜1/100 レンズ 固定F4.5


ピストル型の超小型カメラ、アイボリー/レッドブラウン仕上げ、16mmフィルムで10×14mmの露出、シャッター(1 / 25-100秒)とカウンター、オリジナルとマミヤ16スプール、固定焦点f / 4.5レンズ
カメラ名 エコー8&カメラライト 製造国名 日本・i鈴木光学
製造年月 1951年 フィルムサイズ 6x6mm 16mm判
シャッター B/I レンズ 15o F3.5








 エコーエイト:蓋を挙げた状態でタバコに火をつける時にするように上から覗き込むとウエストレベルファインダーを見ることができる。この時ウェストレベルファインダーの右横にシャッタースピードと絞りの切り替えレバーがあり、左横にシャッターボタンとフィルム巻き上げダイヤルがある。実際にライターとしても使うことができる。ライターに組み込まれた豆カメラで、16mmフィルもを半分以下っとして8o幅で使用する。 カメラはフィルムカッターやマガジがセットで発売された。反射ファインダーが組み込まれている。アメリカ映画ロマの休日で一躍有名にあった。
カメラライト:映画「ローマの休日」に登場したライターカメラ(の後続モデル)です。フイルムは16mm幅有孔フイルムを半断した8mm幅フイルムを使用します。