《 35ミリ一眼レフカメラ 》
 第一次大戦後、ドイツでは木製カメラから金属製カメラへ転換し、精度の向上が図られ、ライカやイコンタがこれまでにない新しいタイプのカメラを開発した、 それに伴って総金属製の精密ロールフィルムの一眼カメラのエキザクタ(ベスト判・1933年)が登場した。エキザクタを作ったイハーゲ社は1937年に35ミリ判キネエキザクタ作成した。



海外の一眼レフカメラ
日本の一眼レフカメラT
日本の一眼レフカメラU
未 定