ポラ・ピンズーム43〜86

カメラ名
ポラロイド・ピンホールズーム43〜86
レンズ ピンホール 0.3o F:144〜288
フィルム ポラロイド 76X100 10枚撮り
特徴 ポラロイドを利用したピンホールズームカメラ。
記事  ポラロイドのバックが余っていたので、ブロニカ用のベローズを利用した可変フードを使用した。 ピンホールの場合は一般のレンズと違い焦点距離を変えるのはピンホールの距離を変えれば即焦点距離が変わるので、 簡単にズームになる訳である。フィルムのサイズが大きいので、35o換算で約20o〜40oのワイドピンホールになった。 その代わり距離を変えると露出の時間が長くなるのが欠点である。 ピンホールの明るさを決めるのは 「焦点距離/ピンホール径」で決まるので計算をすると
短いほうは    F = 43/0.3 = 144
長いほうは    F = 86/0.3 = 288
と言うことになる。