ハーフカメラシリーズ
日本でのミ二カメラの流行は1956年頃〜1965年頃に16oフィルムを使う16oかめらがマミヤ,ミノルタ,ヤシカ,リコーなどから発売されました。 その頃ユニークなのはコーワのラメラでカメラらラジオが合体したユニークなカメラでした。
1959年になるとオリンパスペンの発売でハーフカメラのブームとなった、当時カラーフィルムが普及しフィルムが2倍に使えるのがとても魅力あっという間にハーフカメラが流行しました。 ハーフカメラのサイズは映画の画面サイズで1913年にはツーリストやミニグラフ、セプトといった長尺のカメラが作られたが一般のカメラとしてはアンズコメモ(1926)やデュカティ(1949)などである。 だいた1980年位まで製造され最終はリコーオートハーフEF2であるがその後コニカレコーダー(1984)が発売されたが余り売れなかったみたいである。
1973年には110カメラがコダックから発売されたが1980年くらいまでである、1982年にはディスクカメラがやはりコダックから発売されたが,このカメラは数年で消え去りました。
オリンパスペン
シリーズ
オリンパスペンEE
シリーズ
リコー・ハーフ
シリーズ
キャノン・ハーフ
シリーズ
 
フジカハーフシリーズ
ヤシカハーフシリーズ
変わったハーフカメラ
シリーズ
未 定