コンパクトフォルディング似たものカメラ!!
カメラ名
KW・パテントエッツイ
ファースト・エッツイ
製 造 カメラベルク
シュテーテン
ドイツ 1924-1930 皆川商会 日本 1934
レンズ テッサー 105mm F4.5 シムラー 105mm F:3.5
シャッター コンパー B,1〜1/250 セイコー B,1〜1/250
フィルム 大名刺 65X90 大名刺 65X90




記事  薄型のハンドカメラは1910年頃に最初の流行があり、第一大戦後にもにもまた人気を集めるようになり、口火を切ったのがパテントエッツイで、初期型はフレームファインダーが付いていない、この当時の流行として蛇腹の色が色々あった、フィルムサイズも大名刺、大手札があった。日本ではエッツイのコピー機としてファーストエッツイ(蛇腹1段伸ばし)プリマーのコピー機としてプリンスのピアレスが作られた。
  
カメラ名
プリンス・ピアレス
ベンツエン・プリマー
製 造 藤本写真機製作所 日本 1938 ベンツエン ドイツ 1938
レンズ ラジオナー 105mm F:4.5 テッサー 105mm F4.5
シャッター パーフェクト B,1〜1/200 コンパー B,1〜1/250
フィルム 大名刺 65x90 大名刺 65x90




記事 1935年にはベンツインのプリマーがパテントエッツイの人気にあやかりプリマーも薄型にした、日本ではプリンスからプリマーのそっくりさんピアレスが発売された。