ミノルタの剛体蛇腹カメラ




カメラ名
ミノルタベスト
ミノルタシックス
製 造 千代田光学 日本 1934 千代田光学 日本 1935
レンズ コロナー 75mm F:5.6 コロナー 80mm F:5.6
シャッター マーブル B,1/25〜1/100 マーブル B,1/5〜1/200
フィルム 127 40X6.5 8枚撮り 120 60X60 12枚撮り
特徴 剛体蛇腹 剛体蛇腹
記事 ミノルタが採用したのがベークライトの3段蛇腹。部品点数が少なく組み立てが容易で値段が安くできたとかで、これを搭載したのがミノルタ・ベストとシックスである。 その外観の類似から別名大阪城カメラと呼ばれた。戦時中に蛇腹の素材である羊の皮の輸入が制限されたともいわれているが、1934と1935の製造では戦争とはあまり関係がないと思われる。