ミラーシャッターの簡易型66一眼レフ
カメラ名
ピロートスーパー
グレートウォール(長城)
製 造 KW 東ドイツ 1936 グレートウォール社 中国 1970
レンズ ピロター 75o F:3.5 長城 90o F:4.5
シャッター ミラーシャッター 1/20〜1/200 ミラーシャッター 1/30〜1/200
フィルム 120 60X60 12枚撮り 120 60X60 12枚撮り
特徴 小径ネジマウント、簡易露出計付き。 ライカマウントと同じマウント。
記事 ミラーシャッターのカメラはエクサなどでよく知られているが、6×6板では数が少ないカメラである。 ピロートスーパーは東ドイツ製の簡易一眼レフであるが製造は1936年に始まっている、 グレートウォールはピロートスーパーのコピーカメラと言っていいほどよく似ているが製造は約35年の隔たりがあるが、 殆どといって良い程進化が無いカメラである。グレートウォールは別名「長城」つまり万里の長城(偉大な壁)と言うことである。 このカメラはハンザで数年前に売られていたが余り売れなかったのか知らない間に中止になったカメラである。