縦型ハーフカメラ
カメラ名
タロン・シーク
ヤシカ・ラピード
製 造 タロン 日本 1961 ヤシカ 日本 1961
レンズ タロナー 30mm F:2.8 ヤシノン 28mm F:2.8
シャッター タロンLX 1/30〜1/250 コパル 1〜1/500
フィルム 135 18X28 72枚撮り 135 18X28 65枚撮り
特徴 セレン露出計ライトバリュー読み取り式。 セレン露出計ライトバリュー読み取り式。
記事 タロン,ヤシカも似たようなカメラで最初はOEMかなと思ったが、内容は全然違うカメラです。
どちらかというとヤシカのほうが内容は高級になっている。
フィルムの巻上げはタロンは背面ギヤを回す式でヤシカは皮のストラップが付いてい るので、その紐を引っ張り出すと巻き上がる、ヤシカは巻き上げにスプロケットを使 用せずドラムだけで行っているので、巻上げ間隔が広がって行くので36枚撮りで、 65枚しか撮影できない。
全く同時期に出現した面白い形のカメラで、撮影時普通に構えると横位置に撮影できる。