カメラ名 リッチレイ35 製造国名 日本・リッチレイ商会
製造年月 1951年 フィルムサイズ ボルタ判(24×36)
シャッター B、I レンズ 単玉
 ボルタ判のカメラで、昭和25〜30年頃まで作られたカメラです。
カメラ名 リッチレイ35 製造国名 日本・リッチレット
製造年月 1954年 フィルムサイズ ボルタ判(24×36)
シャッター B、1/25-1/100 レンズ チェミット 42mm F:5.6
 当時のラジオのような角型のカメラで、ボディはプラスチック製、フィルム装填はボディ後部の上部のピンから留め金具を外して裏蓋を下方に開いて行う。 ファインダー接眼部下部に予備フィルム室をもち始めてスペアフィルム室を持ったカメラである。このカメラはU型で、フィルム装填は裏蓋止めが1枚板から蝶番式にまたハンドストラップ金具がつけられた。