カメラ名 ダン35T 製造国名 日本・大和光機
製造年月 1946年 フィルムサイズ ボルタ判(24×24)
シャッター B,1/25〜1/100 レンズ ピクナー 40o F4.5
 1938年のボルタックスと殆ど同じスタイルでのカメラで、ボルタ判フィルムを使用し、24x24mmのスクウェアフォーマットの写真が撮れるカメラでした。このカメラの製造は大和光機にかわったようです。レンズはダン・アナスチグマート40mmF4.5、ピントは目測、シャッターはB、1/25〜1/100のレンジでした。フィルム送りは赤窓式で、フィルム交換の際には裏蓋が開きます。フィルム装填はレバーにより上蓋を外しライカ式に行う。発売元は萩本商会。
カメラ名 ダン35V 製造国名 日本・大和光機
製造年月 1948年 フィルムサイズ ボルタ判(24×32)
シャッター B,1/25〜1/100 レンズ ダン 40o F3.5
 ボディサイズが大きくなり、フォーマットを24x32mmの俗に日本判と呼ばれる横長にしたカメラです。レンズはダン・アナスチグマート40mmF3.5と明るくなり、フィルム送りは自動巻き止め式です。巻き戻しノブも備わっていて、35mm判フィルムをそのままいれることもできたそうです。
カメラ名 スーパーダン35 製造国名 日本・大和光機
製造年月 1948年 フィルムサイズ ボルタ判(24×32)
シャッター B,1/25〜1/100 レンズ エリア 40o F3.5
 ボディサイズが大きくなり、フォーマットを24x32mmの俗に日本判と呼ばれる横長にしたカメラです。レンズはダン・アナスチグマート40mmF3.5と明るくなり、フィルム送りは自動巻き止め式です。巻き戻しノブも備わっていて、35mm判フィルムをそのままいれることもできたそうです。ピント合わせは距離計で行うのですが、撮影時は無限遠位置に鏡胴を繰り出す方式です。 同じ頃登場しているダン35W型は、フォーマットが24x30mmでホディシャッターになり二重露出防止機構も備わっていますが、ボルタ判専用です。このシリーズの最終機は1950年に販売されたダン35M型でした。