フォスデルビーの末路・フランス版フォスデルビー
カメラ名
フォスデルビー
デルルックス
リンクス
製造 フォス(ドイツ) 1930〜42年 ガルース(フランス) 1945〜52年 ポンティアック(フランス) 1948〜50年
レンズ フォスアナスティグマット F:2.5 ガリックス F:3.5 ベルティオット 50mm F:2.8
シャッター FP B,1/25〜1/500 FP B,1/25〜1/500 FP B,1/25〜1/500
フィルム ベスト判 127 3×4 16枚撮り ベスト判 127 3×4 16枚撮り ベスト判 127 3×4 16枚撮り
特徴 フォーカルプレンシャッターのベスト判のカメラ。 デルビーからセルフタイマーを省き、アルミ仕上げにしたカメラ。 蛇腹を止め外観を金属模様で装飾したカメラ。
記事  このカメラは全てフォーカルプレーンであるが、デルルックスは構造や使用部品が全く同じである又、リンクスは外観は違うがフォーカルプレーンの構造及び使用部品は全く同じカメラである。 アルミ仕上げの2台は戦後であるが、フランスのメーカーで製造されたが、フォスのパテントを購入し作ったか、まねをしたのか詳細は不明なカメラである。