ミニヨンU白と黒
カメラ名
ミニヨンU白
ミニヨンU黒
製造 東京光学 1935年 東京光学 1949年
レンズ トーコー 60mm F3.5 トーコー
シャッター リヒト(セイコー) T,B,1/25〜1/100 リヒト(セイコー) T,B,1/25〜1/100
フィルム ベスト判 127 3×4cm 16枚撮り ベスト判 127 3×4cm 16枚撮り
特徴 ファインダーの引き上げボタンが横にある。 ファインダーの引き上げボタンが前にある。
記事  ミニヨンは東京光学から発売されたカメラで、初期型は1938年に作られ、U型は1939年に製造されたV型はレンズとシャッターが高級になり レンズはシムラーのテッサータイプ、シャッターはセイコシャラピッド付きである。U型は巻き止め式になっている。U型は戦前と戦後に作られているが 戦後は部品の寄せ集めで作られた。V型は戦後である。ブラックは戦前のみである。