ベスト判・2眼レフ御三家
カメラ名
ミノルタ・ミニフレックス
ワルツオートマット
プリモジュニアー
製造 千代田光学 1959年 ワルツ 1959年 東京光学 1957年
レンズ ロッコール 60mm F:3.5 ズノー 60mm F:2.8 トプコール 60mm F:2.8
シャッター シチズンMVL B,1〜1/500 コパルSV B,1〜1/500 セイコー B,1〜1/500
フィルム ベスト判 127 4×4cm 12枚撮り ベスト判 127 4×4cm 12枚撮り ベスト判 127 4×4cm 12枚撮り
特徴 フィルムの巻き上げを上から下にした。ファインダーに防塵装置を施した。 4×4唯一のセミオートマット採用。上下レンズの間に絞とシャッターダイヤルを装着。 レンズで定評のあるトプコールで有名であった。
記事 この三台は何れもレンズがF2.8と明るく4×4判2眼レフでは高級機に値するカメラで 現在でも人気があるカメラである。ワルツはズノー付きで、最近は余り出てこない。
プリモはアメリカで、ソヤーズブランドで最近日本に沢山逆輸入されている。