2つのマウント採用したカメラ!!
カメラ名
イカレックス35CS
フォクトレンダーVSL1
製 造 ツアイシコン ドイツ 1966 フォクトレンダー ドイツ 1974
レンズ テッサー 50mm F:2.8 カラーウルトロン 50mm F:1.8
シャッター フォーカルプレーン B,1〜1/1000 フォーカルプレーン B,1〜1/1000
フィルム 135 24X36 36枚撮り
記事  イカレックスはツアイスイコンとフォクトレンダーの共同ブランドで発売されたカメラらである。 イカレックスは35、35S、35CSがあるが35にCDSのTTLプリズムファインダーを載せたのがCSである。 35Sはプリズム固定式のTTL露出計内蔵カメラである。1970年にスクリューマウントが発売されている。 交換レンズはツアイスイコンとフォクトレンダーの両方が発売されたカメラです。
 フォクトレンダーVSL1はローライがフォクトレンダーを吸収した後で発売されたカメラでカメラの中身はローライSL706と全く同じ機構のカメラである。 CDS露出計内蔵のTTL絞込み測光方式のカメラである。 レンズはフォクトレンダーの系列の名前がついているが全てローライシンガポール工場で作られレンズはローライのレンズと全く同じである。最初はスクリューマウントで作られたが最後のほうになりローライのQBMマウントを採用し、 VSL2ではローライのQBMマウントだけになっている。