どちらが元祖!!
カメラ名
ペンティナF
ニコンオート35
製 造 VEBペンタコン ドイツ 1961 日本光学 日本 1964
レンズ イエナテッサー 50mm F:3.5 ニッコールH 48mm F:2.0
シャッター プレストール B,1〜1/500 セイコーSLV B,1〜1/500
フィルム 135 24X36 36枚撮り
特徴 レンズ交換式。 クイックリターン、シャッター優先AE
記事  両機種ともに普通のペンタプリズムを採用しているが上面がフラットな独特なスタイルであり、巻上げレバーは両方とも背面にありまたシャッターボタンも前面にある。 大きな違いはペンタコンFは左巻上げ、左シャッターボタンで珍しいカメラであり、とにかくスタイル的には良く似たカメラである。 レンズシャッターの一眼レフカメラでは技術的に難しいクイックリターンミラーを実現し、このカメラのファインダーは通常と同じペンタプリズムによるものだが、 ペンタプリズムの屋根を突出させないフラットなデザインになっている