ツアイス・イコンのレンズシャッター1眼レフ
カメラ名
コンタフレックスII
コンタフレックスV
コンタフレックス・スーパーB
製造 ツアイス・イコン 1954 ツアイス・イコン 1957 ツアイス・イコン 1963
レンズ テッサー 45o F:2.8 テッサー 50o F:2.8 テッサー 50o F:2.8
シャッター シンクロコンパー B,1〜1/500 シンクロコンパー B,1〜1/500 シンクロコンパー B,1〜1/500
フィルム 135 26X36 36枚撮り 135 26X36 36枚撮り 135 26X36 36枚撮り
特徴 前玉回転式,露出計付き、フロントコンバーター。 前玉回転式,露出計付き、前群交換式。 前玉回転式,露出計付き、前群交換式シャッター速度優先オート。
記事 コンタフレックスは1953年〜1972年までの約20年間に渡って作られレンズシャッター 式の1眼レフである。
モデルチェンジは数回されているが、恐らくこれだけの年数作られたのは数少ない。
国産で長かったのはトプコンユニとコーワ位であるが、それでも10年〜12年 位であり、トプコンではフォーカルプレーンになったが、20年にも渡って作られたが余り変 わらなかったカメラである。