独自路を行く、トプコンの一眼レフ
カメラ名
トプコンPR
トプコンREスーパー
製 造 東京光学 日本 1957 東京光学 日本 1963
レンズ トプコール 58mm F:1.8 オートトプコール 58mm F:1.8
シャッター フォーカルプレーン B,1〜1/1000 フォーカルプレーン B,1〜1/1000
フィルム 135 36X26 36枚撮り 135 36X26 36枚撮り
特徴 絞りがセミオート式、プリズム交換式。 初のTTL露出計連動ミラーに受講素子を組込み。
記事 トプコンRは非常にごついカメラであるが、故障も少なく又、ペンタプリズム 交換式の高級カメラであったが重量が重いせいか、余り見かけられなか ったカメラである。
レンズは東京光学で定評があった。
又REスーパーは独特の角張ったカメラで、国内初のTTLカメラであったが、このカメラも重量 があり、あまり見かけられなかったが,アメリカでは評判だったらしい。
この後モータードライブ付きのスーパーDM及び普及機の200等が発売された。