ニコンより早かったキャノンの一眼レフ
カメラ名
キャノンフレックス
キャノンRP
製 造 キャノン 日本 1959/05 キャノン 日本 1960/09
レンズ スーパーキャノマチックR 50mm F:1.4 スーパーキャノマチックR 50mm F:1.8
シャッター フォーカルプレーン B,1〜1/1000 フォーカルプレーン B,1〜1/1000
フィルム 135 36X26 36枚撮り 135 36X26 36枚撮り
特徴 低部トリガー巻上げ、セレン露出計連動。 低部トリガー巻上げ、セレン露出計連動。
記事 キャノンの一眼レフは1959年5月に発売された、その前に8社のペンタプリ ズム一眼レフが発売されている。
キャノンフレックスは三ヶ月後に発売中止となり翌年には高級型のキャノンR2000と 普及型のRPを発売した。
又1962年には露出計を内蔵したキャノンRMが発売されたが、当初はキャノンR2000 を受け継いでRM2000となる筈であったが、製造コストと量産性から1/1000に変更された。