[ ワ イ ド ブ ー ム ]
 オリンパスから昭和30年(1955)にワイド専用機のオリンパスワイドがスナップ用カメラとして発売されると、たちまち人気が出て翌年コーワからカロワイド、 昭和32年にマミヤワイド、33年にはミノルタオートワイド、ワルツワイド、ウエルミーワイド、リコーワイドの計7社から発売されワイドブームとなったのである。
カメラ名
オリンパスワイドT
オリンパスワイド・スーパー
製造 オリンパス光学 1955 オリンパス光学 1957
レンズ Dズイコー 35o F:3.5 HズイコーW 35o F:2.0
シャッター セイコーシャ B,1/1〜1/500 セイコーラピッド B,1〜1/500
記 事
 この年代はライカタイプのレンズ交換カメラが高級機として定着し、スナップにワイドレンズがもてはやされたが、 一般の庶民には到底手の出るものではなかったが、いっそうのこと35oカメラにワイドレンズを組み込んで出せば、交換レンズより安く供給できるということで オリンパスが先人を切って発売したカメラで、ワイド専用カメラのブームを作ったカメラです。
 オリンパスワイドカメラが好評の中にもさらに高級機として大口径レンズで距離計連動パララックス自動補正のカメラとして登場したのがこのカメラです。
カメラ名
カロワイド
ミノルタ・オートワイド
製造 興和光機 1956 千代田光学 1958
レンズ プロミナー 35o F:2.8 ロッコール 35o F:2.8
シャッター セイコー B,1/1〜1/500 シチズンMVL B,1〜1/500
記 事
コーワの初めての35oカメラで、オリンパスワイドの次にに発売されたカメラです。レンズ機構的にもオリンパスからの1ランク上を狙ったカメラです。 その後にオリンパスのワイドEに対抗して露出計を組み込んだ、カロワイドFを発売しています。
セレン光電池を組み込んだ、露出計連動のカメラで、フィルム巻上げと巻き戻しは底面にある独特のスタイルのカメラです。
カメラ名
マミヤ35ワイド
マミヤ35ワイドE
製造 マミヤ光機 1957 マミヤ光機 1957
レンズ セコール 35o F:2.8 セコール 35o F:2.8
シャッター セイコーシャ・MXL B,1〜1/500 セイコーシャM・X・L B,1〜1/500
フィルム 135 24X36      135 24X36    
記 事
ボディはダイキャスト。フィルム巻き戻しはクランク式、絞り目盛りクリック付。裏蓋は、蝶番開閉式で、三重式内面反射防止。フィルム巻き上げ表示装置付。 フィルムカウンターは、巻き上げレバー盤上にあり。(回転ダイヤル型) フィルム巻き戻しボタンは、一度押すだけでよく、巻き上げレバーを操作すると元に戻る。 35V型(F2)のボディを土台として35mm広角レンズをつけた。レンズにはトプコール35mmF2.8付きもある。
国内初のライトバリュー式露出計内臓。  セコニックの電気露出計(非連動)、ライトバリュー目盛りをシャッターに移す。 ワイドの姉妹機で、露出計がついたかわりに連動距離計がなくなって目測式となった。
カメラ名
リコーワイド
リコーオートショット
製造 理研光学 1960 リコー 1964
レンズ リコーSコミナー  35o F:2.4 リケノン 35o F:2.8
シャッター セイコーシャ MXL B ,1 - 1/500 リコー製 B,1〜1/125
フィルム 135 24X36      135 24X36    
記 事
撮影レンズ短焦点化を意識して35mmレンズを開発して取り付けた、35mmはこの頃の基準としては「ワイド」レンズ。ボディが小さく、鏡胴の出っ張りが少ないので大変バランスの良いカメラになった。
 オートハーフのヒットは、ユーザーが面倒な絞りやシャッターを考えたくないことを証明しました。 しかしハーフサイズは標準的な画面サイズではないため、35mmの標準画面で、しかも携帯性にすぐれたカメラとして設計されたのがオートショットです。
カメラ名
ウェルミーワイド
ワルツワイド
製造 大成光機 1958 ワルツ光学 1958
レンズ タイコール 35o F:3.5 ワルツアー 35o F:2.8
シャッター シチズン B,1/25〜1/200 コパル B,1〜1/300
フィルム 135 24X36      135 24X36    
記 事
35oワイドブームにあやかって作られたカメラです。シャッターはビハインド式で2枚羽根、ファインダーはブライトフレーム式の実用的なカメラです。
ワルツ35のボディを基にしたカメラで、ブライトフレームファインダー、レバー巻き上げなど取り立てて特徴の無いカメラです。