35oレンズシャッター・レンズ交換式・レンジファインダーカメラ


カメラ名
アイレス35V
ミノルタスーパーA
製 造 アイレス 日本 1958 千代田光学 日本 1958
レンズ Sコーラル 45mm F:1.5 スーパーロッコール 50mm F:2.0
シャッター セイコーMX B,1〜1/500 セイコーMX B,1〜1/400
フィルム 135 24X36 36枚撮り 135 24X36 36枚撮り


カメラ名
アグファ・アンビジレッテ
プロミネント
製 造 アグファ ドイツ 1957 ホクトレンダー ドイツ 1951
レンズ カラーゾリナー 50mm F:2.8 ノクトン 50mm F:1.5
シャッター シンクロコンパー B,1〜1/500 シンクロコンパー B,1〜1/400
フィルム 135 24X36 36枚撮り 135 24X36 36枚撮り
記事  レンジファインダーのレンズシャッターでレンズ交換が出来るカメラである、このカメラはどれもシャッターをビハインド式にとりつけフランジバックを稼いでいる。 当時この方式が結構はやったがレンズシャッター方式の一眼レフはこの方式を取り入れている。 特にアイレスの場合は値段も高価であまり売れなかったカメラである。他にリコーの999があるがこれは輸出向けのカメラでアメリカのアンスコからアンスコマートM名で発売された。 他にレンズの前群だけを交換するカメラでは国産ではオリンパスエースや外国ではレチナなどがある。