アグファ
アグファのボックスカメラは1930年〜50年代中位まで作られている、初期は厚手のボール紙であったが鉄板製になっている。 戦後はフラッシュガンがつけられる用になっていてシンクロボックスと書いてある。
カメラ名 ボックス 製造年月 1930年
製造国名 ドイツ 製造メーカー アグファ
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 6×9cm
シャッタースピード B.I レンズ・焦点距離 単玉


 ボディは厚手のボール紙で前後面だけは鉄板プレスのカメラで綺麗なブルー仕上げである。
カメラ名 ボックス 製造年月 1930年
製造国名 ドイツ 製造メーカー アグファ
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 6×9cm
シャッタースピード B.I レンズ・焦点距離 単玉


 ボディは鉄板プレスのカメラである。
カメラ名 ボックス 製造年月 1956年
製造国名 ドイツ 製造メーカー アグファ
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 6×9cm
シャッタースピード B.I レンズ・焦点距離 単玉


 フラッシュ眼が取り付けられ、ボディは鉄板プレスのカメラである。