ローレンツ
 Ernst Lorenzは、1920年代のベルリンのカメラメーカーで、Ernst Lorenz社は2台のカメラでしか知られていませんが、どちらも非常に少数です。
カメラ名 クラリッサ 製造年月 1929年
製造国名 ドイツベルリン 製造メーカー ローレンツ
使用フィルム アトム判 サイズ・枚数 4.5×6cm
シャッター FP スピード B,1/20〜1/1000
レンズ名 ヘリオプラン 焦点距離 75mm F4.5


Clarissaは、木製のボディにフォーカルプレーンシャッターを備えた4.5x6cmのプレート用のストラット折りたたみ式カメラで、常に熱帯のレザーベローズで見られます。
カメラ名 ナイトカメラ 製造年月 1929年
製造国名 イギリス 製造メーカー ローレンツ
使用フィルム アトム判 サイズ・枚数 4.5×6cm
シャッター FP スピード B,1/20〜1/1000
レンズ名 メーヤー 焦点距離 75mm F3.0


Nacht Kameraは、 Ermanoxのコピーで、4.5x6プレート用の手持ちのフォーカルプレーンシャッターカメラです。 これはClarissaと同様の木製ボディをベースにして、大口径レンズを使用しています。
カメラ名 Luxus Nacht-Kamera 製造年月 1929年
製造国名 イギリス 製造メーカー ローレンツ
使用フィルム アトム判 サイズ・枚数 4.5×6cm
シャッター FP スピード B,1/20〜1/1000
レンズ名 メーヤー 焦点距離 90mm F2.0


Nacht Kameraは、 Ermanoxのコピーで、4.5x6プレート用の手持ちのフォーカルプレーンシャッターカメラです。 これはClarissaと同様の木製ボディをベースにしていますが、レザーカバー付きで、ベローズの代わりに硬質レンズチューブに取り付けられた大口径レンズを使用しています。