イカ(カールツアイス)
 カールツアイス社は最初にパルモス社を吸収し、1909年にエミールブッシュ、ヒュッティヒ社などを併合し、イカ社を設立した。
カメラ名 イカ・アトム51 製造年月 1913年
製造国名 ドイツ 製造メーカー イカ
使用フィルム アトム判 サイズ・枚数 4.5×6cm
シャッター 空気ポンプ式コンパウンド スピード B,1〜1/300
レンズ名 テッサー 焦点距離 65mm F4.5


 初期型は空気ポンプ式シャッターで、あとになる普通のシャッターがついた、ツアイスになってからこの型は製造されなくなった。
カメラ名 イカ・アトム53 製造年月 1913年
製造国名 ドイツ 製造メーカー イカ
使用フィルム アトム判 サイズ・枚数 4.5×6cm
シャッター 空気ポンプ式コンパウンドコンパウンド スピード B,1〜1/300
レンズ名 テッサー 焦点距離 65mm F4.5


 横画用カメラで、セルフエッチング、初期の空気ポンプ式シャッターと普通のシャッターがあった
カメラ名 イカ・アトム51 製造年月 1913年
製造国名 ドイツ 製造メーカー イカ
使用フィルム アトム判 サイズ・枚数 4.5×6cm
シャッター コンパウンド スピード B,1〜1/300
レンズ名 テッサー 焦点距離 65mm F4.5


 シャッターが普通のシャッターで、水準器がファインダー横についている。
カメラ名 イカ・ベベ 製造年月 1910年
製造国名 ドイツ 製造メーカー イカ
使用フィルム アトム判 サイズ・枚数 4.5×6cm
シャッター 旧コンパー スピード B,1〜1/250
レンズ名 テッサー 焦点距離 75mm F4.5


 イカベベはレンズ前板を全体を前進させてピント調節をしていたが全板部が非常に重たいカメラであったがこの型からh前玉回転式に変更され、ファインダーはニュートン式のファインダーのほかにフレームファインダーがつけられた。
カメラ名 ミニマム・パルモス 製造年月 1925年
製造国名 ドイツ 製造メーカー イカ
使用フィルム アトム判 サイズ・枚数 4.5×6cm
シャッター FP スピード B,1〜1/1000
レンズ名 テッサー 焦点距離 80mm F2.8


 ツアイスイコンのカメラ部門で製造されたクラップカメラで当時のプレスカメラの代表機である