カメラ名 アグファフレキシレッテ 製造国名 ドイツ・アグファ
製造年月 1960−61年 フィルムサイズ 135(24×36)
シャッター プロンター 1〜1/500 レンズ カラーアポター 45o F:2.8
 アグファの35o判レンズシャッター2眼レフで上下とも同じレンズでレンズ部分の大きなヘリコイドを回すと両レンズともに動いてピントあわせる。ウエストレベル専用のカメラである。


カメラ名 アグファオプチマフレックス 製造国名 ドイツ・アグファ
製造年月 1960−66年 フィルムサイズ 135(24×36)
シャッター プロンター 1/30〜1/250 レンズ カラーアポター 45o F:2.8
 35mm判の二眼レフで、巻き上げも本体底面で行う独特の操作感や35mm判で上から覗くウエストレベルファインダーで撮る写真は新鮮で 仕上がりだけでなく、撮るスタイルも楽しみたくなるカメラです。Aマークの位置から反時計方向に回すと、フラッシュ同調時の絞り値が黄色地に黒字で示される。シャッタースピードは1/30に固定される。逆に時計方向に回すとバルブになる。 ファインダーは非常に明るく、ピントは合わせやすい。ファインダー左に、マジックキーと呼ばれる警告表示が出る。黒だとフィルムが巻き上げ未了、巻き上げると赤になる。シャッターを押すとAE連動範囲内なら緑になりそのまま撮影出来る。赤のままだとシャッターは切れるが、露出は適正ではなくなる。