Kシリーズ
 Kの付くカメラは国内ではコニカ(Konica)、コーワ(kowa)です、外国ではキエフ(Kiev)等です。
カメラ名 コーワフレックスE(Kowa-FlexE) 製造国&メーカー 日 本・興和光機
製造年月 1961年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ プロミナー
50mm F2.0
 コーワ一眼レフは1960年からレンズシャッターの一眼レフを製造し、UW190(1972年発売)迄一貫して発売してきた。 フォ ーカルプレーン機は1台も出していない珍しいメーカーである。 初期はコンバージョン形式であったが、後期はレンズ交換式に変 更している。1960年に発売したフレックスはしゃったーを切るとブラックアウトし、絞りは自動詞絞りであった。1961年にはセレン露出計を内蔵し、クイックリターン式のE型、 1963年にはプログラムEE式のH型、巻上げは底部トリガー式である。1964年にはセレンをCDSに変えたSE型、1965年にはレンズ交換にしたSER、1966年にはSE型を TTL式にしたSET、1968年にはSERをTTL式にしたSETR、1970年にはSETRをマイナーチェンジしたSETR2、1972年には超広角の19oをSERのボディに取付けた UW90を発売している。 レンズシャッター式一眼レフはメカニズムが難しく現在まともに動くカメラが少ない。
カメラ名 コニカFP(KonicaFP) 製造国&メーカー 日 本・小西六
製造年月 1962年 シャッター コパルスクエアー
B,1〜1/1000
レンズ ヘキサノン
50mm F2.0
 コニカの一眼レフは1960年になって作られたカメラであるが、最初のカメラはコニカFで、コパルのメタルフォーカルプレーンシャッターの原型となった金属幕の縦走りシャッターを採用したカメラである。 シャッタースピードは1/2000でシンクロの同調速度は1/125という画期的なシャッターを採用したカメラであった。セレン式の露出計を内蔵しており、当時では最先端の技術を駆使したカメラであったが、 シャッターの故障が多く,当時メーカーでは回収をしたが、現在では数が少なくシャッターの故障したものが多いが、中古市場では高嶺の花である。コニカの一眼レフのカメラは当時の技術の最先端を取り入れたカメラが多いが、 売り出す時期が尚早で売れ行きのほうはいまいちであった。 1965年にはハーフ判兼用機のオートリフレックス、1979年には世界初のワインダー内蔵機のFS−1等を発売している。
カメラ名 キエフ10(Kiev10) 製造国&メーカー ロシア・キエフ
製造年月 1965年 シャッター ロータリー
B,1/2〜1/2000
レンズ ヘリオス
50mm F2.0
 このカメラはシャッターがロータリーシャッターで、独特の構造で、セレン露出計を内蔵した、シャッタースピード優先式AEカメラである。 シャッターが独特のせいか非常に大きなボディをしていて、ボディの重量は1.03kg、その他に改良機としてキエフ15がある。 他にキエフカメラは色々出されており、キエフ18、19はニコンマウントになっている。