Aシリーズ
 Aの付くカメラは国内ではアイレス(Aires)、アサヒフレックス、アサヒペンタックス(旭光学)などがあります。
カメラ名 アイレスペンタ(Aires Penta35) 製造国&メーカー 日 本・アイレス光学
製造年月 1959年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ Qコーラル
50mm F2.0/F2.8
  アイレスは2眼レフと35o距離計カメラの製造であるが、1眼レフに移行しようとして作られたのか、どういう訳かこのカメラだけでその後会社は倒産している。 倒産後服部時計店から名前をアイレスエバーの名前で発売された。レンズがF2とF2.8がある。
カメラ名 アサヒフレックスTa(Asahi flexIa) 製造国&メーカー 日 本・旭光学
製造年月 1953 シャッター FP
B,T、1/25〜1/500
レンズ タクマー
50mm F3.5
 1952年日本初の35mm一眼レフとして登場した、ファインダーはウェストレベルのみで、横位置専用であるが、横に逆ガリレオ式の透視式ファインダーがつけられている。 1953年にはTa型が登場した、今までのB,1/20,1/40の8段階をB,1/25、1/50,1/100、1/200,1/500の6段階に、1954年Ub型発売、この型からクイックリターン方式が採用された。 1955年スロースピードを付けたUa型をその年にUa型からスロースピードを外したUb型を発売した。 又このカメラは後にプリズム式のペンタックスAPが発売されるとマウントの変更をメーカーで引受けていたみたいである。
カメラ名 アグファフレックスV(Agfa-FlexIII) 製造国&メーカー ドイツ・アグファ
製造年月 1958年 シャッター プロンターSLV
B,1〜1/500
レンズ カラーゾリナー
50mm F2.8
 レンズシャッター式のアグファフレックスは1959年〜63年まで作られた、最初の型はレンズ固定式でファインダーはウエストレベルあった、U型になるとレンズ交換式となり、 V型はウエストレベルファインダーが交換式となりセレンメーターが付いた。W型はペンタプリズムが取り付けられた、X型はレンズがゾリゴン55oF2.0付きになった、