コニカ35oレンジファインダー・シリーズ
 小西六の35oカメラは戦後になってからで、ルビコンがあるが、これは試作品だけのカメラであった、又ルビコンはローマ時代の英雄シーザの「ルビコン河を渡るから」来ており戦後の平和なときにふさわしくない名前と言うことで今後小西六の名前を「コニカ」にと言うことで、 小西六の製品を以後コニカにするということに決まった。 これを元に昭和22年から本格的に製造され現代に至っている。 ここで取り上げるのは初期の型のみである。
カメラ名 コニカT 製造年月 1947年
シャッター コニラピッド
B,1〜1/500
レンズ ヘキサー
50mm F3.5

 1947年から製造に入ったが、最初は市販は許されず、輸出又は軍関係のみであった。販売は翌年の1948年からである。 コニラッピッドのシャッターを使い、レンズはF3.5で連動距離計、レンズは沈胴式で徒事の値段は19700円と当時の月給の数倍の 値段であった。
カメラ名 コニカT 製造年月 1950年
シャッター コニラピッドS
B,1〜1/500
レンズ ヘキサー
50mm F2.8
F2.8付きは2種の型があり、1950年にシャッターはシンクロ式になり、コニラピッドSとなった。1951年には距離計の半透明鏡に小西六開発の補色鏡が 採用され、二重像合致操作も大変楽になった。1951年8月にレンズはヘキサノンのF2.8に変わった。 オキュパイドが刻印された型は前の型で、後の型はオキュパイドの刻印がない。写真の型は一番後の型である。
カメラ名 コニカU 製造年月 1951年12月
シャッター コニラピッドS
B,1〜1/500
レンズ ヘキサノン
50mm F2.8
 T型からの主な改造点は沈胴式を止めダブルヘリコイド式になり撮影時に∞位置にセットを行う、二重露出防止装置が付いた。 1953年にはシンクロプラグがドイツ式になった。UA型があるがレンズが48oF2.0になった。
カメラ名 コニカUB 製造年月 1955年5月
シャッター コニラピッドS
B,1〜1/500
レンズ ヘキサノン
50mm F2.8
 この型は全面にあったT,Iのダイヤルが無くなり、Bのマークが入った。レンズはヘキサノンのF2.8とF3.5付きがある。 
カメラ名 コニカUBm 製造年月 1957年2月
シャッター セイコーMX
B,1〜1/500
レンズ ヘキサノン
50mm F2.8
 この型からシャッターがセイコーに変わった。レンズはヘキサノンのF2.8とF3.5付きがある。 
カメラ名 コニカV 製造年月 1956年2月
シャッター コニラピッドMFX
B,1〜1/500
レンズ ヘキサノン
48mm F2.0
 U型も大分型遅れとなり、今までの形態を一新し、セルフコッキング、二重露出防止、アルバダ式ブライトフレームを採用した。 又、巻き上げを独特のフロントレバーの2操作で行うようにした。V型後期はセイコーシャMXLが付けられライトバリュー方式を採用した。 
カメラ名 コニカVA 製造年月 1958年4月
シャッター セイコーシャMXL
B,1〜1/500
レンズ ヘキサノン
48mm F2.0
 48ミリf2.0の大口径レンズを付けたこの型は、ファインダーをプリズムブロック使用の等倍ファインダーで、視野はきわめて クリアーで、採光式のブライトとフレームはパララックスと共に画角の修正をしたので、生きているファインダーと絶賛された。 当時大口径といわれたF1.8付きも発売された。
カメラ名 コニカVM 製造年月 1959年3月
シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ ヘキサノン
50mm F1.8
 コニカに初めて露出計を内蔵したカメラでフィルム感度をセットしておけばシャッタースピードか絞りリングを回転すれば定点あわせで露出を決定できるカメラである。 もう1つの特徴はフルサイズとハーフサイズとができる。フルサイズ巻上げ時はレバーを2作動させる。