リコー・カメラ
Ricoh35Flex (リコー35フレックス)
製造年月 1964年 シャッター セイコーGLA
B,1/30〜1/300
レンズ リコー
50mm F2.8
 セレン露出計のEEカメラで、無段階プログラムシャッターで、絞りリングをオートから外すとマニュアルになる。 36mmと80mmのコンバージョンレンズが用意されていた。
Ricoh35Flex・CDS (リコー35フレックスCds)
製造年月 1964年 シャッター セイコーSLV
B,1/30〜1/500
レンズ リケノン
50mm F2.8
 このカメラはリコー35フレックスのセレンをCdsに変えただけで他の性能は総て同じである。 輸出向け専用カメラで、アメリカでのシアーズ社にもOEMで供給されていた。