Nikon35o・レンズシャターシリーズ
 ニコンは普及型のレンズシャッター式一眼レフのニコレックス35を1962年から発売を始めた、 ペンタプリズムを使わないカメラで、ポロミラー方式を採用した軽いカメラであった、このカメラはニコレックスと同じく、 恐らくマミヤで製造されニコンで発売されたカメラである。当時は他のカメラメーカーでも普及機としてこの型の一眼レフが 発売されている。次に出されたので専用ズームを付けた二コレックスズーム35で、画期的であったが、故障が多く余り人気がなかったが このレンズは後にニコンシリーズのレンズとして製造され長い間発売されたレンズである。その次にデザインを一新しニコンオート35が発売されたが 余り売れないうちに製造が中止されてしまった。
Nikkorex35T (二コレックス35T
製造国名 日本・日本光学
製造年月 1960年
シャッター シチズンMVL B、1〜1/500
レンズ ニッコール-Q 50mmF2.5
 ニコレックス35はペンタプリズムを用いず、ポロミラーによるファインダー光学系を採用したカメラですが、 主な理由は距離計連動機が主流である。この形式のカメラの常として、ファインダーの接眼部は、カメラ背面から見て左に寄っている。 それらのカメラと一緒に使って違和感のないように、原理上、接眼部を左に寄せられるポロミラー形式を採用したというのだ。
Nikkorex35II (二コレックス35U)
製造年月 1962年4月
シャッター セイコー B,1〜1/500
レンズ ニッコール 50mm F2.4
 最初の型はシチズンのシャッターを使用したが、 U型ではセイコーに変えている。ボディの外観も8角形から丸みを持たせた型になっている
NikkorexZoom35 (二コレックスズーム35)
製造年月 1963年2月
シャッター フォーカルプレーン B,1〜1/500
レンズ ズームニッコール 43〜86mm F3.5
 このカメラはニコレックス35Uに43〜86oのズームをつけた専用カメラで、レンズ以外はU型と全く同じ仕様である。 またこのズームレンズはニコンF用として発売され手ごろな値段で、結構売れたレンズである。
ニコンオート35(Nikon Auto35)
製造年月 1964年
シャッター セイコーシャSLV B,1〜1/500
レンズ ニッコール 48mm F2.0
  ニコレックス35のボディスタイルを流線型のモダンに変更したカメラでT型に多重露出とミラーアップ機構を備えたカメラで、その他はT型と同じ。カメラ名は国内はニコン担っていますが輸出用はニコレックス名です。