タナック
タナック35は1953に初売されたが田中光学はもともとシネ用のレンズやアクセサリーを作っていたがカメラはこのカメラが初めてである。昨日は最高で値段は中級機もっとウに発売された。 ライカタイプで一番のネックであった底蓋方式を蝶番式で横開きを実現した。最初はミノルタが実現した。 初期型は型番が付いてないがあとからみるとC型が最初みたいで、付いているレンズによってC型とF型はUC(1953年)、VC(1953年)、UF(1954年)、VF(1954年)となっている。 VS(1954年)、WS(1955年)、SD(1957年)型はニコンのS型によく似ている。V3(1958年)型はキャノンのL型に、スクリューマウントからバヨネットに変更した。倒産後にVPが発売されているがこの型はV3型のマイナーチェンジ型である。 マウントはスクリューマウントに変更されている。フィンダーを採光式ブライトフレームを採用している。
カメラ名 タナックVS 製造年月 1954年
製造国名 日本 製造メーカー 田中光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 タナー 焦点距離 50mm F3.5
C型やF型を統一したカメラで軍艦部のカバーをライカのVC型みたいに一体型に、シンクロ接点Xが追加され、ノブのローレットが菱目から縦目に全体的に精度が上がった。
カメラ名 タナックWS 製造年月 1955年
製造国名 日本 製造メーカー 田中光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 タナー 焦点距離 50mm F2.0
 VS型から変わった点は軍幹部にフィルム一マークが付き、高速シャッターダイヤルの1/25にX接点の表示が入った、吊環用金具がついた。 上下カバーとボディー貼り皮の境目に2.5oの黒塗りの帯が入った。このカメラはX3型が発売されるまで製造され。
カメラ名 タナックX3 製造年月 1958年
製造国名 日本 製造メーカー 田中光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 タナー 焦点距離 50mm F1.9
 タナックSD型のパララック自動補正、セルファタイマーの廃止、シャッター速度の1/1000と1/15の省略などである。1番違っている点はスクリューマウントからバヨネットマウントに変更した点である。 専用の交換レンズは発売されずアダプターリングを介してスクリューマウントレンズを取り付けるようにした点である。