ニッカカメラ(ニッポンカメラ)
1940年 精機光学(現キヤノン)でハンザキヤノンの製造に従事していた数人が光学精機社を設立。戦争によりライカの輸入が困難になったため「パテントを無視してコピーせよ」との軍の命令によりニッポンカメラを製造した。 1947年に製造再開したが数的に少なかった。1948年社名を「ニッポンカメラ」、カメラ名を「ニッカ」に変更して製造再開。レンズは日本光学(現ニコン)のニッコールを装着した。1949年にV型を発売している、1950年社名をニッカカメラに変更。 1951年にはVA型を1952年にはシンクロ接点をつけたVB型を、1952年にはシンクロ接点をドイツ式にXとFPをつけたVS型を、1953年には1/1000をつけ高級型の4型を、1954年にはVSのシャッター系列を4型と同じにした。1955年には外観は同じであるが内面を全面的に作り直した5型を、1956年には3Fをこのカメラは5型の簡略したもので3Sの後継機とされた。 1957年には3F型の巻き上げをレバー式に、1958年4月には3F型を簡略した33型を、6月には最終機となるVLこのカメラはライカM3を意識して作られたカメラである。1958年11月にはヤシカの完全子会社となり、社名を大邦光学に変更。事実上の吸収合併であるが、当時のヤシカ社長牛山善政が傾倒していた宗教家が即時合併に反対したため徐々に合併する形とした。 1966年名目上もヤシカに吸収合併される。
カメラ名 ニッポン 製造年月 1942年
製造国名 日本 製造メーカー ニッポンカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード Z,1〜1/500
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F4.5




戦争によりライカの輸入が困難になり、軍の命令により製造されたコピーライカ。等倍距離計連動でスローシャッターを装備するモデルシャッタースピードZ、1-1/500秒。複写やオシログラフ用に距離計とスローシャッターを装備しないモデル。シャッタースピードZ、1/20-1/500秒。
カメラ名 ニッカV 製造年月 1949年
製造国名 日本 製造メーカー ニッカカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F2.0
視度調節装置を新設し距離計倍率を1.5倍に向上させた、スローシャッターにクリックを入れスローダイヤルのビスを中に入れピント調節用の穴の廃止。この後でVA型が出ているが主な機能的には変更はないがアクセサリーシューがバネ付きになったのとビス4本で止められていることである。
カメラ名 ニッカVB 製造年月 1951年
製造国名 日本 製造メーカー ニッカカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F2.0
ニッカで始めてシンクロ接点がつけられた。
カメラ名 ニッカVS 製造年月 1952年
製造国名 日本 製造メーカー ニッカカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F2.0
シンクロ接点をドイツ式にしたカメラである。
カメラ名 ニッカ4 製造年月 1953年
製造国名 日本 製造メーカー ニッカカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/1000
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F2.0
ニッカで初めて1/1000をシャッタースピードを倍数系列に軍艦カバーを1o高く、巻き上げノブ上面にフィルムインジケーターをつけた。
カメラ名 ニッカ5 製造年月 1955年
製造国名 日本 製造メーカー ニッカカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/1000
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F2.0
シャッターに1/10と1/15を追加、裏蓋をはずすと底蓋の一部が蝶番で開くように、距離計とビューファインダーのアイピースが近接、シンクロ接点がカメラ背面にアクセサリーシューの斜め下に、シンクロが1/25は]接点にそれ以上はFP接点になった、内部機構が全面的に改良されシャッター主軸にボールベアリングの採用と距離計視度調節レバーが巻き戻しノブ基部に軍幹部カバーが一体プレスになった。
カメラ名 ニッカ3F 製造年月 1956年
製造国名 日本 製造メーカー ニッカカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F2.0
5型の簡略型で1/1000の省略と視度調節レバー、裏蓋開閉を省略し軍艦カバーに3−Fの表示がある。
カメラ名 ニッカ33 製造年月 1958年
製造国名 日本 製造メーカー ニッカカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B・1/2〜1/500
レンズ名 ニッカ 焦点距離 50mm F2.8
33という形式名はそれまでなかったネーミングで3Fのレバー型の簡略型でシャッターもTと1を省略しレンズも自社ブランドである。
5型の簡略型で1/1000の省略と視度調節レバー、裏蓋開閉を省略し軍艦カバーに3−Fの表示がある。
カメラ名 ニッカ3L 製造年月 1958年
製造国名 日本 製造メーカー ニッカカメラ
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B・1〜1/1000
レンズ名 ニッカ 焦点距離 50mm F2.8
ライカM3を意識したカメラでパララックス自動補正一眼式等倍ファインダー、採光式ブライトフラーム、フィルムカウンター自動復元、底蓋をはずすと裏蓋が開くなどである。