メルコン
比較的遅く登場したカメラで1950年に目黒光学工業である最初からニッコールのレンズつけて発売された。カメラの制度は非常によくできていたカメラで初期はニッコールツキ野実であったが後でヘキサーf3.5の沈胴付きが発売された。 1952年にはメルコンUが発売されたがこれはニコンS2とそっくりである。このころにタナックも同じような形でSD型を出している。
カメラ名 メルコンT 製造年月 1955年
製造国名 日本 製造メーカー 目黒光学工業
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F2.0
カメラ的には遅く発売されたカメラである。裏蓋開閉式、フィルム面はトンネル方式でパトローネ専用になっている。シンクロ接点はアクセサリーシュー下部にありSとFがありダイヤルにより切り替える、X接点は1/25と1/50の中間である。 軍幹部カバーはライカのVCのように一体のプレスである。この型は2年間作られたがマナーチェンジがされている、主な改良点は巻き上げ巻き戻しのノブで前期は菱目、光機は縦目シャープレートは平滑面であったのが格子型のへこみが全面に付いている。 初期はニッコールであったがヘキサーの沈胴レンズ付きも発売されたが、余りにもニコンS2に似ているためクレームがついたの製造を中止した。
カメラ名 メルコンU 製造年月 1957年
製造国名 日本 製造メーカー 目黒光学工業
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T・B・1〜1/500
レンズ名 ニッコール 焦点距離 50mm F2.0
ニコンS2のそっくりさんであるがボディは一回り大きく(横幅で2.5o、高さで5o)なっているが、ニコンS2をライカマウントにしたような感じがする シャッタは1軸2段のフォーカルプレーンでファインダーは等倍のブライトフレーム式で1眼式距離計連動、フィルムはレバー式の巻き上げである。