レオタックス
レオタックスはキャノンに次いで登場した国産ライカタイプの2番目の会社で1939年に1号機を完成している、このカメラは連動距離形式ではなく単独距離計式であったが製造台数が少なく幻のカメラとなっている。 距離計にビューファインダーを組込むのがライカの特許であったのでスペシャルA型とB型になってビューファインダを距離計の外側に組込んだ。戦後になって1946年にはスペシャル型が戦前の部品を利用して作られたがスロー付きとナシがある。 1947年にはスペシャルDU(スロー無し)とDV型(スロー付き)が発売された。この型になって距離計がライカと同じ方式になった。またボディなどのメッキが非常によくなっている。1950年にはDW型が出たがスペシャルの文字をなくした。1952年にはS型がシンクロ接点が組み込まれた、1954年にはF型がこの型からシャッターが1/1000が付いた。 F型のシャッタから1/1000省いたのがT型に更にスローを省いたのをK型に、T型にセルフタイマーをつけたのがTV型に1958にはF型にセルフタイマーを付けレバー式巻き上げにしたのがFV型でレオタックスの最上機である。1959年にレオタックスエリートがT2型をレバー巻き上げ、クランク巻き戻しにした型である。レオタkkスとしては最後の型であるが、 倒産後に債権者により登場したカメラであるがライカのM型に近いカメラであるが色々と欠陥がありまともに写せるカメラではなかった。
カメラ名 レオタックススペシャルB 製造年月 1942年
製造国名 日本 製造メーカー 昭和光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1〜1/500
レンズ名 レオナ 焦点距離 50mm F3.5
1942年になって距離計連動式のA型とB型でA型はスローがなくB型はスロー付きであった。
カメラ名 レオタックスDW 製造年月 1947年
製造国名 日本 製造メーカー 昭和光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1〜1/500
レンズ名 シムラー 焦点距離 50mm F3.5
DW型はV型のマイナーチェンジでスローシャッターダイヤルのビスが内部に移され、スローダイヤルにクリックが付いた、T(タイム)が省略、距離計倍率が1.5倍に三脚穴は小ネジにツリ冠用金具がつけられレンズもシムラーのF1.5付きが出された。
カメラ名 レオタックスS 製造年月 1952年
製造国名 日本 製造メーカー 昭和光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1〜1/500
レンズ名 シムラー 焦点距離 50mm F3.5
S型はレオタックで初めてシンクロ接点が付けられシンクロのSをとって名前がつけられた、それにともなて底部内部にカバーがつけられた以外はDWと同じである。
カメラ名 レオタックスF 製造年月 1954年
製造国名 日本 製造メーカー 昭和光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1〜1/1000
レンズ名 シムラー 焦点距離 50mm F3.5
全面的にボディーのダイキャスト化を図り、精度、安定性とも一段と進歩したカメラである。このカメラはライカのVFをモデルに作られたカメラで、シャッター系列が代わり1/1000、シンクロ接点に]接点がつけられた。 距離計とビューファインダーのアイピースが近接して設けられた。
カメラ名 レオタックスK 製造年月 1954年
製造国名 日本 製造メーカー 昭和光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1/25〜1/500
レンズ名 シムラー 焦点距離 50mm F3.5
このカメラはF型からスローシャッターと1/1000を省いたカメラでレンズも低廉化おはかって固定鏡胴のトプコールをつけた。 またT型はF型から1/1000を省いたカメラである。
カメラ名 レオタックスTV 製造年月 1954年
製造国名 日本 製造メーカー 昭和光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1〜1/500
レンズ名 トプコール 焦点距離 50mm F2.0
TV型はT型にセルフタイマーが設けられ、ファインダーにはアルバダ式ブライトフレームがつけられている。シンクロのFPとXは自動切り替えである。この型から初めてトプコールF2がつけられた。
カメラ名 レオタックスFV 製造年月 1954年
製造国名 日本 製造メーカー 昭和光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1〜1/1000
レンズ名 トプコール 焦点距離 50mm F2.0
FV型はF型をレバー式巻き上げにした形である。FV型から1/1000を省いたのがTV2型である。
カメラ名 レオタックスG 製造年月 1954年
製造国名 日本 製造メーカー 昭和光学
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1〜1/1000
レンズ名 シムラー 焦点距離 50mm F3.5
G型はライカM3を意識したカメラで債権者によって作られたカメラである。シャッターは1軸不回転、等間隔、倍数系列で露出計連動式で、ファインダーは接眼部が2眼式で左側が35o広角専用、右側は連動距離計と50ミリと105ミリの彩光式ブライトフレームでパララックスは自動補正、裏蓋開閉式である。 実際にこのカメラを見ると光線漏れなど色々不具合があり修理しなくては使えないカメラであった。