ツアイス・イコン
コンタックス(Contax )とは、元来ドイツツァイス・イコン製のレンジファインダーカメラのブランドである。戦後ドイツ分割に伴いツァイス・イコンも分割され、コンタックス銘で西側のツァイスはレンジファインダーカメラを引き続き製造し、東側のツァイス・イコンはM42マウントの一眼レフカメラを製造した。 東西ツァイス間のブランド使用権を巡る訴訟を経て従来の商標につき東のツァイスは東側のみ、西のツァイスは西側のみでしか使用しないことで妥結した結果、東側のツァイス・イコンが製造したコンタックスは西側世界で販売される分につきペンタコンブランドに変更され、さらには全てプラクチカに変更された。 シャッターは当初最高速1/1000秒、後に1/1250秒を誇る縦走り金属製フォーカルプレーン式で、シャッター幕上に強い光線が焦点を結んでも焼けて穴が開く心配がない。シャッター作動時にもシャッターダイヤルが回転しないためカメラマンが触っていて設定よりスローシャッターになってしまう事故が起こらない。レンズマウントは標準レンズ用の内バヨネットとその他のレンズ用の外バヨネットの二重バヨネットであり、迅速なレンズ交換が可能である。裏蓋下側両端にあるノブを起こして回転させると裏蓋を外すことが出来、フィルム装填が容易。西側のツァイス・イコンが製造したコンタックスは最終型であるコンタックスIIIaが1961年に製造中止になった後、ツァイス・イコンのフラッグシップは一眼レフカメラのコンタレックスシリーズに引き継がれ1961年に製造中止し、コンタックスは一時休眠ブランドとなった。
カメラ名 コンタックスT 製造年月 1932年
製造国名 ドイツ 製造メーカー ツァイス・イコン
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード Z,1/25〜1/1000
レンズ名 テッサー 焦点距離 50mm F3.5
長大な基線長の高精度な連動距離計を持ち、テッサー2.8cmF8を除きすべての交換レンズに連動する。その外装色からブラック・コンタックスと俗称された。コンタックスはその設計コンセプトが「作画意図の高忠実再現」であり、ツァイス・イコン社が持てる技術力を投入して開発し、そのため撮影結果は当時の35mm判カメラの中で最高であったが、非常に高価であった。 初期型以降改良を重ね、研究者にも数えきれない程多数のバージョン違いがあるが、大きく分けるとI-1〜I-7に分類できる。
カメラ名 コンタックスU 製造年月 1936年
製造国名 ドイツ 製造メーカー ツァイス・イコン
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1/2〜1/500
レンズ名 ゾナー 焦点距離 50mm F2.0
その外装色からクローム・コンタックスと俗称される。基線長38mmのライカに比して格段に精度の高い基線長98mmの連動距離計を組み込んだファインダー(ドイツ語;Messucher )を採用し速写性に優れる。セルフタイマーを装備、シャッター速度もB、1/2〜1/1250秒まで全域が一つのダイヤルで調整可能となり、シャッターチャージ前後を問わずシャッター速度の変更可能。 第二次大戦までの間に59,500台が生産された。
カメラ名 コンタックスV 製造年月 1936年
製造国名 ドイツ 製造メーカー ツァイス・イコン
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1/2〜1/500
レンズ名 ゾナー 焦点距離 50mm F2.0
コンタックスII型にセレン光電池式電気露出計を搭載したモデルでその他はII型と同一仕様。その万能性からユニバーサル・コンタックスと呼ばれる
カメラ名 コンタックスUa 製造年月 1950年
製造国名 ドイツ 製造メーカー ツァイス・イコン
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1/2〜1/500
レンズ名 ゾナー 焦点距離 50mm F2.0
 新生ツァイス・イコン社の本拠地、西ドイツのシュトゥットガルトで製造したモデルで、戦前のコンタックスIIが機能はほぼそのままに小型化され、手を触れると不安定であった駒数計、中指で塞ぎやすいかった連動距離計窓を移動する等改良がされている。シャッターダイヤルの数字が前期型ではすべて黒文字で記されていたためブラックダイヤル、1954年から発売された後期型ではシャッター速度の1/50がX接点を示すイエロー、それより高速スピードがレッドに色分けされたためカラーダイヤルと称される。前期型では発光器との同調のために専用アクセサリーケーブルが必要[2]であるが、後期型では一般的なDIN規格となった。
カメラ名 コンタックスVa 製造年月 1951年
製造国名 ドイツ 製造メーカー ツァイス・イコン
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1/2〜1/500
レンズ名 ゾナー 焦点距離 50mm F2.0
 コンタックスIIa型に連動露出計を搭載したモデルで、その他は同一仕様。1961年まで製造・販売された最後のツァイス・イコン社製「コンタックス」である。