チヨカ・チヨタックス
1951年〜52年ごろ千田商会から発売されたカメラで製造はライゼ光学であるが、ライゼ光学が製造して千代田商会に持ちかんだカメラである。 距離計なしのライカスタンダード型のデッドコピーである、レンズはヘキサー50ミリf3.5を使用している。シンクロターミナルを追加してTF型として発売された。 また自家製のレナーF3.5レンズ付きも発売された。1953年には距離計連動型のUF型が発売されている、1954には名前をチヨタックスに変更しスローをつけチヨタックスUF型を発売している。 チヨカからチヨタックスの変更は千代田光学がすでにがチヨカ名を登録していることが判明したので名前を変更した。 1955年にはVF型が発売され、ヘキサーのF1.9付きが発売されているが製造は2年くらいである。
カメラ名 チヨカT 製造年月 1951年
製造国名 日本 製造メーカー 千代田商会
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード B,1/20〜1/500
レンズ名 ヘキサノン 焦点距離 50mm F3.5
T型にシンクロ接点をつけたのがTF型である、TF型も前期型は2ピン型で後期型はドイツ式になった。 ヘキサーのレンズ付きは自社でヘキサーの引き伸ばし用のレンズを購入して改造し取り付けた。
カメラ名 チヨタックスVF 製造年月 1955年
製造国名 日本 製造メーカー 千代田商会
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター FP スピード T,B,1〜1/500
レンズ名 ヘキサノン 焦点距離 50mm F3.5
チヨカUFにスローシャッターをつけたカメラで、フィルムマークやインジケーターがつけられた。ヘキサーやヘキサノンが付いていたので人気があったカメラである。