クラウス・ペッギー
クラウス兄弟は1895年にシュツットガルト(ドイツ)カメラ店を始めました。グスタフアドルフ(G.A.) クラウスは、1920年にシュツットガルトでカメラを作り始めました。 いくつかの非常に革新的で例外的シュツットガルト(ドイツ)カメラが両方の兄弟によって生産されました。 カメラの生産は1930年代の半ばに終わりました。ブラックとクロームメッキのボディがある。
カメラ名 ペッギーT 製造年月 1931年
製造国名 ドイツ 製造メーカー G.A. クラウス
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター コンパー スピード B,1〜1/300
レンズ名 テッサー 焦点距離 50mm F3.5




 レンズ前板の出し入れによりフィルムの巻き上げとシャッターチャージをおこなう独特の方式のカメラである。。
カメラ名 ペッギー2 製造年月 1932年
製造国名 ドイツ 製造メーカー G.A. クラウス
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター コンパー スピード B,1〜1/300
レンズ名 テッサー 焦点距離 50mm F3.5




レンズはテッサーF2.8 ・F3.5/50, クスナーF2/45, シュナイダー・クセノン、クセノターF2/45,ビオターF2/50等があり連動距離が付いた。