アルコ35
アルコ写真工業は、フリーストップ三脚などの写真用品の製造を行っていましたが1952年、最初のカメラとして『アルコ35』を発売します。 戦後の日本カメラ市場では外国製カメラの模倣品が多かった中で、独創的な設計で評判になりましたアルコの特徴はファインダーの上にビューファインダーを取り付けて距離計連動でピント調節が出来ることである。 フィルム巻き戻しノブのの下に焦点調節用のダイアルがあり、これを回すことによりラックピにオンによりレンズボードが繰り出される機構である。 アルコ35からのユニークなアクセサリーとして『ビューアルコ』という製品があります。これはアクセサリーシューに取り付ける専用のレフレックスファインダーで、これをカメラにセットすると二眼レフになるというものです。 最短距離は35cmまでの接写が出来、ビューファインダーはパララックスの自動修正になっている。ただしビューファインダーは接写用である。
カメラ名 アルコ35ジュニア 製造年月 1955年
製造国名 日本 製造メーカー アルコ写真工業
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター セイコーシャラピッド スピード B,1〜1/500
レンズ名 コリナー 焦点距離 50mm F3.5




アルコ35の普及型でレンズがF3.5に外観が若干変更されている。ノブ巻き上げ、シャッター手動セット、二重撮り防止、裏蓋取り外し式、近接専用ファインダー付属。
カメラ名 アルコ35オートマット 製造年月 1955年
製造国名 日本 製造メーカー アルコ写真工業
使用フィルム 135 サイズ・枚数 2.4×3.6cm 36枚撮り
シャッター セイコーシャMX スピード B,1〜1/500
レンズ名 コリナー 焦点距離 50mm F3.5


レバー巻き上げ、セルフコッキング、自動復元式カウンター、裏蓋蝶番式、アルバダ式遠近両用ファインダー。 レンズもF2.8とF3.5があった。