《 ローライ16 》
カメラ名 ローライ16 製造国名 ドイツ・フランケ・ハイデッケ
製造年月 1960年 フィルムサイズ 16o 12×17o 18枚
シャッター プログラム1/30〜1/500 レンズ 25mmF2.8
 シャッターは絞りと共通になったプログラムシャッターでセレン露出計と連動したEEである。 フィルムはファインダー枠を出し入れすることによりできる撮影後はマガジンに巻き戻しをする。望遠と広角のコンバージョンレンズがあった。 1966年には改良型でマニュアル撮影が可能になったローライ16Sが発売されている、。