《 マミヤ16シリーズ 》
カメラ名 マミヤ16スーパー 製造国名 日本・マミヤ光機
製造年月 1958年 フィルムサイズ 16o 10×14o 24枚
シャッター B,1/2〜1/200 レンズ 25mm F3.5
 マッチ箱型のボディ上面にすべての機構と操作部品を集めボディコーナーにある巻き上げノブと駒数計要領を得たシャッター機構ともに構造設計と外部デザインもユニークなカメラで間宮精一氏の数あるすぐれたデザインのカメラである。 1951年には同じ型でスーパーが出たが前玉回転式でフィルムはシングルマガジンに入れ〜におマガジンに巻き取る形式である。 マミヤ社は1949年発売の16〜16EEデラックス(1962年)迄この間7機種の16oカメラを製造した。
カメラ名 マミヤ16オートマチック 製造国名 日本・マミヤ光機
製造年月 1959年 フィルムサイズ 16o 10×14o 24枚
シャッター B,1/2〜1/200 レンズ 25mm F2.8
 マミヤが16oカメラを発売して10年目にあたるカメラで従来からのスマートな小型カメラと一転して重くて大きなカメラになった。 理由はセレン光電池式の追伸式の露出計を内蔵したカメラである。
カメラ名 マミヤ16デラックス 製造国名 日本・マミヤ光機
製造年月 1961年 フィルムサイズ 16o 10×14o 24枚
シャッター B,1/2〜1/200 レンズ 25mm F2.8
 マミヤ16の露出計を取り去りパララックス自動補正機構のファインダーを取り入れたカメラで、ボディー上面ノダイヤルやその他の部分をボディカバーで覆ったのですっきりとしたデザインになった。 ピント調節はボディ底面のギアーで前玉レンズを繰り出して行うと上面の表示窓に機より表示が表示されそれと同時にファインダーの視野枠が移動しパララックが自動補正を行った、またフィルムカウンターが自動復元方式となった使いやすいカメラである。 このあと自動露出計を組み込みEE式となった。