カメラ名 リコースーパー44
製造年月 1958年 シャッター シチズンMV
B,1〜1/400
レンズ リコー
60mm F3.5
 リコーの初めての44判カメラで、機構はオーソドックスなもので、他のメーカーと違うのはホットシュー付きであった。
カメラ名 リコーマチック44
製造年月 1959年 シャッター リココー
B,1/25〜1/200
レンズ リコー
60mm F3.5
 リコーらしいスマートなデザインで、使用フィルムの感度によりシャッタースピードを決めるユニークなカメラで露出計と連動する絞りを調節して露出を合わせる。 ピントフードを開けると前蓋のプラスティックカバーが開くというケースレスカメラである。