カメラ名 オリンパスアイフレックス
製造年月 1958年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜/500
レンズ S−ズイコー
60mm F2.8 or F3.5


 1958年、オリンパスは、ローラ127型フィルム、フォーマット4h4smフレーム上で実行されている、「A」と「B」新しい「二眼」modeliOlympusアイフレックスの2つのバージョンを示しています。 オリンパスアイフレックスはオリジナルのグレーターコイズ仕上げを施しました。ビューファインダレンズと撮影で、「A」と「B」のバージョン(図18)は、光学装置から構成によって提示主な違いは、プロトタイプのために非常に一般的であり、同一です。シリーズではこのような無駄は受け入れられないでしょう: "A" - S.Zuiko 60mm f / 3.5(トリプレット)"B" - D.Zuiko 60mm f / 2.8(4グループ3グループ)
シャッターSeikosha-SLVが装備されていました。速度範囲はB、1 - 1/500秒です。フロントパネルに同期端子はありません。手動露出に加えて、両方のカメラにはシャッター優先モードがあります。これには、組み込みのセレン露出計、適切な電子機器およびエグゼクティブメカニックスが装備されています。セルラプラスチックで覆われた露出計の検出素子は、フロントパネルのほぼ半分を占めています(図18)。オペレーターの右手の下には巻き戻しドラムとシャッターコッキングがあり、左下にはフォーカシングドラムがあります。 レバー、シャッタースピード、アパーチャは、撮影レンズを囲む装飾板の下部付近で回転させることができます。それはそれに刻まれています。アパーチャコントロールレバーの下部には、「AUTO」ポジションがあります。この位置では、カメラはシャッター優先モードになります。カメラレンズの縁の周りには、フラッシュの先行番号(GN)の所定の値を有する回転ダイヤルがある。それは自動的に適切な露出の問題を解決し、フラッシュで迅速かつ便利な作業のために設計されています。