ゲルト・シリーズ
 ゲルトは1936年高橋光学で製造され、服部時計店から販売されたカメラで、多くのバリエーションがあり、国産カメラの中では材質も、工作も撮影結果も定評があったカメラで、第二次大戦後も製造されたカメラである。 1950年には東亜光機、1952年には新和精機にかわっている。戦後も製造販売された数少ないベスト判カメラである。 V型とDV型には黒ボディとシルバーのボディがあった。
カメラ名 ゲルトT
製造年月 1936年 シャッター T,B,1/25〜1/100 レンズ グリンメル
50mm F4.5
 沈胴式でレンズ部を引きだせば回さなくても固定されます。ボディ番号は21レンズ番号は1194です。 シャッターはエバーセット式です。フィルム装填はボディ上部のファインダー部分を外して上から装填する方式です。
カメラ名 ゲルトU
製造年月 1936年 シャッター T,B,1/5〜1/250 レンズ グリンメル
50mm F4.5
 U型もやはり1936年に作られている、シャッターは1/5、1/10、1/25,1/100,1/250である。 シャッターはエバーセット式です。フィルム装填はボディ上部のファインダー部分を外して上から装填する方式です。この型からアクセサリーシューがついています。
カメラ名 ゲルトV
製造年月 1948 シャッター T,B,1/25〜1/250 レンズ グリンメル
50mm F4.5
 V型は1938年から製造されてます。U型との違いはシャッターがセットレバー式になっていることです。
カメラ名 ゲルトDV
製造年月 1951年 シャッター T,B,1/25〜1/250 レンズ グリンメル
50mm F4.5
 シャッター前面にDVと書いてあるのですぐに解るが、戦前型と戦後型等の色々な型がある。 この型は戦前で、ファインダーの部分が他の型と違っているのと、フィルム巻き上げスットパーが着いている。 この型はS型(恐らくスペシャルの意味)といわれている。
カメラ名 ゲルトDV
製造年月 1955年5月 シャッター T,B,1/25〜1/250 レンズ グリンメル C
50mm F3.5
 この型は戦後の型で、裏蓋がスライド式に取り外せる様にフィルムの装填がやりやすくなっている。 レンズにグリンメルCと入っていてコーティングがされている。このボディはシルバー型と言われている。
カメラ名 ニューゲルト
製造年月 1957 シャッター NKS
T,B,1/25〜1/250
レンズ グリンメル
50mm F3.5
 DV型の戦後型とよくにているが、この方はシルバーだけである。 シャッターはNKSがつけられており、ウェスターのついたのもあった。
アルゼン
カメラ名 アルゼン(Arsen) 製造国&メーカー 日 本・高橋光学
製造年月 1940年 シャッター アルゼン
T,B,1〜1/300
レンズ グリンメル
50mm F4.5
50mm F3.5
 雑誌の出版社のアルスから発売されたカメラで、製造はゲルトの高橋光学で行われました。 4×4判の12枚撮りで、自動巻き上げ装置付きでした。ニッケルメッキの綺麗なカメラです。最近になって、アルセンのシルバー仕上げで、レンズがF3.5月が見つかりました、 ファインダの部分が、フィルムの巻き上げ部分とつながっています。