イーストマン・コダック
カメラ名 スーパーコダック620 製造年月 1938年
製造国名 アメリカ 製造メーカー コダック
使用フィルム 620判 サイズ・枚数 6×9cm 12枚撮り
シャッター ビツトイン スピード B,1〜1/200
レンズ名 コサック 焦点距離 100mm F3.5
パンタグラフ式のカメラでフォトセル光電池を利用した、世界最初のシャッター優先EEカメラであるが当時はまだセレン光電池があまり発達してなくてそれ以上発展しなかった。 流線型のユニークなカメラである。当時有名なデザイナーのドーウイン・ティーグがデザインしたがこのほかにバンタムスペシャルもそうである。
カメラ名 リージェント 製造年月 1935年
製造国名 アメリカ 製造メーカー コダック
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 6×9cm 12枚撮り
シャッター コンパー スピード B,1〜1/500
レンズ名 テッサー 焦点距離 105mm F4.5
ドイツコダック製の流線型スプリングカメラで、フィルムサイズは6x9、スプールは620です。
カメラ名 リージェントU 製造年月 1939年
製造国名 アメリカ 製造メーカー コダック
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 6×9cm 枚撮り
シャッター コンパーラピッド スピード T,1〜1/500
レンズ名 クスナー 焦点距離 105mm F3.5
クロームメッキが多用され一般的で近代的な外装になった。T型は620フィルムだったがこの型から120に変更。距離計はファインダーに組み込まれた。