バルダ
カメラ名 バルダクス 製造年月 1934年
製造国名 ドイツ 製造メーカー バルダ
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 4.5×6cm 16枚撮り
シャッター コンパー スピード B,1〜1/250
レンズ名 ラジオナー 焦点距離 75mm F2.9
セミ判全盛時代の戦前のカメラで日本でも人気のあった機種である、レンズとシャッターの組み合わせが色々あり値段も段階的に付けられてあった、セミ判の普通のカメラであった。
カメラ名 バルダクセッテ 製造年月 1936年
製造国名 ドイツ 製造メーカー バルダ
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 4.5×6cm 16枚撮り
シャッター コンパー スピード B,1〜1/250
レンズ名 ラジオナー 焦点距離 75mm F2.9
バルダの各種のスプリングカメラの中で最高機種のカメラで前板の根元にヘリコイドにレンズとシャッター全体を直進させ移動量をカムで距離計に伝える仕組みである。レンズハトリオプラン、テッサーラジオナーなどがある。
カメラ名 バルディックス 製造年月 1950年
製造国名 ドイツ 製造メーカー バルダ
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 6×6cm 12枚撮り
シャッター プロンターSVS スピード B,1〜1/300
レンズ名 エナゴン 焦点距離 75mm F3.5
ファインダーは二重像一致式の単独距離計で巻き上げカウンター付き、赤窓もあり、シャッターチャージはレンズのシャッター部のレバーでシャッターボタンは本体上部にあり。二重露出防止機構あり。
カメラ名 スーパーバルダックス 製造年月 1954年
製造国名 ドイツ 製造メーカー バルダ
使用フィルム 120判 サイズ・枚数 6×6cm 12枚撮り
シャッター プロンターSVS スピード B,1〜1/300
レンズ名 ラジオナー 焦点距離 80mm F2.9
バルディックスを連動距離計カメラとして、自動巻き止めをつけたカメラである。