カメラ名 マーシャルプレス 製造国名 日本・マーシャル光学
製造年月 1966 フィルムサイズ 60×90
シャッター セイコーS0番
B・1〜1/500
レンズ ニッコールQ105mmF3.5
 120フィルムを使用し6×9cm判、中枠交換により220フィルムにも対応、裏蓋を開いたところにピントグラスまたは撮枠を取り付けることによりシートフィルムやガラス乾板にも対応する。フィルムホルダーは固定式。設計は間宮精一。 フロントテレコンバーターとして、ッコールテレ135mmF4.7 - 1群2枚構成、最短撮影距離1.5m。 ニッコールテレ150mmF5.6 - 1群2枚構成、最短撮影距離3.2m。F5.6とF8の目盛りはオレンジに着色され、ソフトフォーカスを表していると思われる。 の2本が存在する。これらのアタッチメントはフィルターのようにレンズの先端にねじ込むだけで絞り目盛が切り替わり、カメラ後部にある焦点距離輪を動かしファインダー接眼上部の焦点距離表示窓に出ている数字を合わせると無限遠位置が繰り出され距離計連動、さらにはズームファインダーがその画角に対応している。